img1 img1
img1 img1
img1 img1
img1 img1
img1 img1
img1 img1
img1 img1
img1 img1
img1 img1

ようこそ、

讃岐の郷屋敷へ

初代当主柳次郎は、今からおよそ二百五十年前に牟礼の里への移り住み、四代目当主、半三郎義勝は、苗字帯刀を許され、高松藩から「与力」の命を受け、牟礼大町村の行政司法、警察の任に当たり、それ以降は近郷一円を治め高松藩に仕えてきました。

以来周辺の人々から「与力屋敷」 として親しまれてきました。「与力」とは鎌倉時代には力を与にして加勢する人を意味し、江戸時代には上官を助ける職制として与力制度を設置、各地方を治めた。

又、半三郎義勝は温順にして人望厚く、文化人でもあり、牟礼を訪れる各地の著名な粋人、名人、達人、奇人を持て成し、宴を催し、文化交流の場としても栄えた。

郷屋敷

img img

お料理

一品一品吟味を重ね、旬の素材をたっぷり使った季節の味をお楽しみ下さい。

詳しくはこちら

img

今月の暦会席

5,000 円+税
前菜・造り・煮物・焼物・替り鉢・お凌ぎ・酢の物・うどん・デザート
※「造り」「煮物」「焼物」「替り鉢」「デザート」は、下記メニューより一品お選びください。
3,500 円+税
先付・旬の造り・煮物・焼物・替り鉢・酢の物・うどん・デザート
※「煮物」「焼物」「替り鉢」「デザート」は、下記メニューより一品お選びください。
2,500 円+税
小鉢・造り・煮物・焼物又は替り鉢・茶碗蒸し・うどん・デザート
※「焼物」又は「替り鉢」「デザート」は、下記メニューより一品お選びください。

詳しくはこちら

茶坊 古遊楽

img
和の風情を存分に楽しめる郷屋敷の離れ『古遊楽』。 お庭を眺めながら、香り高いお抹茶や甘味をお楽しみいただけます。 ほっこり心が和むくつろぎの空間で至福のひとときをお過ごしください。

詳しくはこちら


うどん匠 郷屋敷

img
高松市の玄関口サンポート・マリタイムプラザで、 うどんの名匠『郷屋敷』の格をそのままに、心ゆくまでお楽しみいただけます。 名物の讃岐うどんはもちろん、四季折々の旬の食材を盛り込んだ会席料理、 宴会メニューも多数ご用意しておりますので、 個室でのおもてなし、職場の食事会の場としても最適です。

詳しくはこちら


いよてつ 高島屋

img
讃岐うどんならではのコシとツヤ、なめらかな喉ごし。 本場香川の名店『郷屋敷』の美味しさをお楽しみいただけます。 人気の山海うどんや釜揚げなどの単品メニューをはじめ、 お得な昼定食やお膳仕立てのセットメニューなども好評です。

詳しくはこちら


ギャラリー

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img

ご予約等について
団体様、冠婚葬祭などの大人数のご利用の場合は、 事前にお電話(087-845-9211)、 お問い合わせフォームからお問い合わせください。

img
今からおよそ250年前に牟礼の里への移り住み、四代目当主、半三郎義勝は、
苗字帯刀を許され、高松藩から「与力」の命を受け、牟礼大町村の行政司法、警察の任に当たり、
それ以降は近郷一円を治め高松藩に仕えてきました。以来周辺の人々から
「与力屋敷」として親しまれてきました。「与力」とは鎌倉時代には力を与にして加勢する人を意味し、
江戸時代には上官を助ける職制として与力制度を設置、各地方を治めた。

又、半三郎義勝は温順にして人望厚く、文化人でもあり、
牟礼を訪れる各地の著名な粋人、名人、達人、奇人を持て成し、宴を催し、
文化交流の場としても栄えた。
■郷屋敷
〒761-0122 香川県高松市牟礼町大町1987
TEL.087-845-9211
MAIL.info@goyashiki.co.jp